内臓脂肪について様々なことを詳しく紹介しています。 別れたい、内臓脂肪
内臓脂肪の落し方

内臓脂肪の落とすには食事療法と運動療法を合わせてやるのが基本です。ここではそのやり方を紹介します。

食事療法

■早食いを抑え、ゆっくり食べる
人食べ始めてから脳が満腹感を感じるまでには20〜30分という時間が必要です。ゆっくり食べることで、食事の量を減らすことができるのです。

ゆっくり食べるコツとしては、魚は切り身ではなく、1尾魚で食べるとすると骨を取り除く時間を要します。えびは殻つきで、肉は骨付きなどを選べば食べるのに時間がかかり、ゆっくり食べることになり、結果、食事の量を減らすことができます。

また、ごぼうやたこ、いかなど、歯ごたえのある食品を選ぶこともゆっくり食べるコツです。よく噛むことも、神経を通して満腹中枢を刺激するので、満腹感を促進します。


■和食を中心にしっかり3食摂る
欧米化した食事も脂肪分が多い為に脂肪が蓄積しやすくなります。

栄養バランスを考えて脂肪を貯めない一番ベストな食事は、伝統的な和食です。お米や豆、穀物や豆の組み合わせをとることで、栄養バランス満点の食事がとれます。
どうしても足りないのがビタミンやミネラルなどの微量栄養素です。こうしたものは良質のサプリメントで補うことで内臓脂肪対策になります。

早寝早起きを心がけ、朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんを規則正しく摂ること。寝る前に食べ物を摂ることは代謝がうまくいかず、脂肪を貯める要因になるので、寝る前の5時間ほどは食べ物を控えるようすることが必要です。


運動療法

■有酸素運動 有酸素運動とはウォーキングや軽いジョギング、サイクリング、水中での運動などの手軽にできる運動のことです。
有酸素運動は、時々やる程度ではあまり効果は期待できません。できれば習慣にして日々の生活の中に取り入れることでその効果に期待が持てます。一日やって暫く行わないと内臓脂肪を減らす効果は半減してしまいます。
内臓脂肪を落とすには、一日20分以上の時間を目安にして有酸素運動を行いましょう。運動には有酸素運動ともう一つ無酸素運動がありますが、無酸素運動の場合は、酸素効率が悪く、脂肪をうまく燃焼できないために適しません。
普段あまり運動をする習慣のない人は、20分も連続して運動することは初めの頃は抵抗があります。そういった場合は時間を分けて行うようにしましょう。一ヶ月ほど継続して行っていくことで効果を実感できるようになります。

■ストレッチ
普段、体を動かさない人が運動をすると、筋肉痛になったり、膝を痛めたり、疲れが残ることがあります。
内臓脂肪の落とし方として運動療法は必要ですが、無理な運動は体に負担がかかり、長く続けていくことができません。
体に少しでも負担をかけず、気持ちよく運動するためのストレッチは内臓脂肪の落とし方の一つです。
無理なく運動を続けていくためのコツにはストレッチがあります。ストレッチは運動のウォーミングアップとクールダウンをするために行うものです。運動の後、しっかりストレッチをすることで疲れを残さないことです。
ストレッチのコツは、はずみをつけずにゆっくりと伸ばすこと。そして伸ばした部分に意識を集中させて、10秒〜20秒保つことです。息を止めずに大きく呼吸しながら、気持ちがいいと思うところまで伸ばすこともコツです。 ストレッチは血行がよくなり、はりやコリがほぐれるという利点もあります。


ブログ最新記事

コンテンツ

ページのTOP
別れたい、内臓脂肪のTOP
';?> 蜀閾楢р閧ェ縺ョ關ス縺玲婿 - 蛻・繧後◆縺縲∝閾楢р閧ェ
蜀閾楢р閧ェ縺ォ縺、縺縺ヲ讒倥縺ェ縺薙→繧定ゥウ縺励¥邏ケ莉九@縺ヲ縺縺セ縺吶ゅヶ繝ュ繧ー繧ゅ≠繧翫∝閾楢р閧ェ縺ョ關ス縺ィ縺玲婿縺ォ縺、縺縺ヲ謗イ霈峨@縺ヲ縺繧九ョ縺ァ闊亥袖縺後≠繧倶ココ縺ッ譏ッ髱槭∬ヲ九※縺上□縺輔>縲
HOME > 蜀閾楢р閧ェ縺ョ關ス縺玲婿

蜀閾楢р閧ェ縺ョ關ス縺玲婿

蜀閾楢р閧ェ縺ョ關ス縺ィ縺吶↓縺ッ鬟滉コ狗凾豕輔→驕句虚逋よウ輔r蜷医o縺帙※繧繧九ョ縺悟渕譛ャ縺ァ縺吶ゅ%縺薙〒縺ッ縺昴ョ繧繧頑婿繧堤エケ莉九@縺セ縺吶

鬟滉コ狗凾豕

笆譌ゥ鬟溘>繧呈椛縺医√f縺」縺上j鬟溘∋繧
莠コ鬟溘∋蟋九a縺ヲ縺九i閼ウ縺梧コ閻ケ諢溘r諢溘§繧九∪縺ァ縺ォ縺ッ20ス30蛻縺ィ縺縺譎る俣縺悟ソ隕√〒縺吶ゅf縺」縺上j鬟溘∋繧九%縺ィ縺ァ縲鬟滉コ九ョ驥上r貂帙i縺吶%縺ィ縺後〒縺阪k縺ョ縺ァ縺吶

繧縺」縺上j鬟溘∋繧九さ繝縺ィ縺励※縺ッ縲鬲壹ッ蛻繧願コォ縺ァ縺ッ縺ェ縺上1蟆セ鬲壹〒鬟溘∋繧九→縺吶k縺ィ鬪ィ繧貞叙繧企勁縺乗凾髢薙r隕√@縺セ縺吶ゅ∴縺ウ縺ッ谿サ縺、縺阪〒縲∬i縺ッ鬪ィ莉倥″縺ェ縺ゥ繧帝∈縺ケ縺ー鬟溘∋繧九ョ縺ォ譎る俣縺後°縺九j縲√f縺」縺上j鬟溘∋繧九%縺ィ縺ォ縺ェ繧翫∫オ先棡縲鬟滉コ九ョ驥上r貂帙i縺吶%縺ィ縺後〒縺阪∪縺吶

縺セ縺溘√#縺シ縺繧縺溘%縲√>縺九↑縺ゥ縲∵ュッ縺斐◆縺医ョ縺ゅk鬟溷刀繧帝∈縺カ縺薙→繧ゅf縺」縺上j鬟溘∋繧九さ繝縺ァ縺吶ゅh縺丞剱繧縺薙→繧ゅ∫・樒オ後r騾壹@縺ヲ貅閻ケ荳ュ譫「繧貞絢豼縺吶k縺ョ縺ァ縲∵コ閻ケ諢溘r菫騾イ縺励∪縺吶


笆蜥碁」溘r荳ュ蠢縺ォ縺励▲縺九jシ馴」滓曹繧
谺ァ邀ウ蛹悶@縺滄」滉コ九b閼りが蛻縺悟、壹>轤コ縺ォ閼りが縺瑚塘遨阪@繧縺吶¥縺ェ繧翫∪縺吶
譬鬢翫ヰ繝ゥ繝ウ繧ケ繧定縺医※閼りが繧定イッ繧√↑縺荳逡ェ繝吶せ繝医↑鬟滉コ九ッ縲∽シ晉オア逧縺ェ蜥碁」溘〒縺吶ゅ♀邀ウ繧雎縲∫ゥ迚ゥ繧雎縺ョ邨縺ソ蜷医o縺帙r縺ィ繧九%縺ィ縺ァ縲∵鬢翫ヰ繝ゥ繝ウ繧ケ貅轤ケ縺ョ鬟滉コ九′縺ィ繧後∪縺吶

縺ゥ縺縺励※繧りカウ繧翫↑縺縺ョ縺後ン繧ソ繝溘Φ繧繝溘ロ繝ゥ繝ォ縺ェ縺ゥ縺ョ蠕ョ驥乗鬢顔エ縺ァ縺吶ゅ%縺縺励◆繧ゅョ縺ッ濶ッ雉ェ縺ョ繧オ繝励Μ繝。繝ウ繝医〒陬懊≧縺薙→縺ァ蜀閾楢р閧ェ蟇セ遲悶↓縺ェ繧翫∪縺吶

譌ゥ蟇晄掠襍キ縺阪r蠢縺後¢縲∵悃縺斐ッ繧薙∵仂縺斐ッ繧薙∵勦縺斐ッ繧薙r隕丞援豁」縺励¥鞫ゅk縺薙→縲ょッ昴k蜑阪↓鬟溘∋迚ゥ繧呈曹繧九%縺ィ縺ッ莉」隰昴′縺縺セ縺上>縺九★縲∬р閧ェ繧定イッ繧√k隕∝屏縺ォ縺ェ繧九ョ縺ァ縲∝ッ昴k蜑阪ョ5譎る俣縺サ縺ゥ縺ッ鬟溘∋迚ゥ繧呈而縺医k繧医≧縺吶k縺薙→縺悟ソ隕√〒縺吶

驕句虚逋よウ

笆譛蛾ク邏驕句虚
譛蛾ク邏驕句虚縺ィ縺ッ繧ヲ繧ゥ繝シ繧ュ繝ウ繧ー繧霆ス縺繧ク繝ァ繧ョ繝ウ繧ー縲√し繧、繧ッ繝ェ繝ウ繧ー縲∵ーエ荳ュ縺ァ縺ョ驕句虚縺ェ縺ゥ縺ョ謇玖サス縺ォ縺ァ縺阪k驕句虚縺ョ縺薙→縺ァ縺吶

譛蛾ク邏驕句虚縺ッ縲∵凾縲繧繧狗ィ句コヲ縺ァ縺ッ縺ゅ∪繧雁柑譫懊ッ譛溷セ縺ァ縺阪∪縺帙s縲ゅ〒縺阪l縺ー鄙呈」縺ォ縺励※譌・縲縺ョ逕滓エサ縺ョ荳ュ縺ォ蜿悶j蜈・繧後k縺薙→縺ァ縺昴ョ蜉ケ譫懊↓譛溷セ縺梧戟縺ヲ縺セ縺吶ゆク譌・繧縺」縺ヲ證ォ縺剰。後o縺ェ縺縺ィ蜀閾楢р閧ェ繧呈ク帙i縺吝柑譫懊ッ蜊頑ク帙@縺ヲ縺励∪縺縺セ縺吶

蜀閾楢р閧ェ繧定誠縺ィ縺吶↓縺ッ縲∽ク譌・20蛻莉・荳翫ョ譎る俣繧堤岼螳峨↓縺励※譛蛾ク邏驕句虚繧定。後>縺セ縺励g縺縲る°蜍輔↓縺ッ譛蛾ク邏驕句虚縺ィ繧ゅ≧荳縺、辟。驟ク邏驕句虚縺後≠繧翫∪縺吶′縲∫┌驟ク邏驕句虚縺ョ蝣エ蜷医ッ縲驟ク邏蜉ケ邇縺梧が縺上∬р閧ェ繧偵≧縺セ縺冗辟シ縺ァ縺阪↑縺縺溘a縺ォ驕ゥ縺励∪縺帙s縲

譎ョ谿オ縺ゅ∪繧企°蜍輔r縺吶k鄙呈」縺ョ縺ェ縺莠コ縺ッ縲20蛻繧る」邯壹@縺ヲ驕句虚縺吶k縺薙→縺ッ蛻昴a縺ョ鬆縺ッ謚オ謚励′縺ゅj縺セ縺吶ゅ◎縺縺縺」縺溷エ蜷医ッ譎る俣繧貞縺代※陦後≧繧医≧縺ォ縺励∪縺励g縺縲ゆク繝カ譛医⊇縺ゥ邯咏カ壹@縺ヲ陦後▲縺ヲ縺縺上%縺ィ縺ァ蜉ケ譫懊r螳滓─縺ァ縺阪k繧医≧縺ォ縺ェ繧翫∪縺吶

笆繧ケ繝医Ξ繝繝
譎ョ谿オ縲∽ス薙r蜍輔°縺輔↑縺莠コ縺碁°蜍輔r縺吶k縺ィ縲∫ュ玖i逞帙↓縺ェ縺」縺溘j縲∬昴r逞帙a縺溘j縲∫夢繧後′谿九k縺薙→縺後≠繧翫∪縺吶

蜀閾楢р閧ェ縺ョ關ス縺ィ縺玲婿縺ィ縺励※驕句虚逋よウ輔ッ蠢隕√〒縺吶′縲∫┌逅縺ェ驕句虚縺ッ菴薙↓雋諡縺後°縺九j縲髟キ縺冗カ壹¢縺ヲ縺縺上%縺ィ縺後〒縺阪∪縺帙s縲
菴薙↓蟆代@縺ァ繧りイ諡繧偵°縺代★縲∵ー玲戟縺。繧医¥驕句虚縺吶k縺溘a縺ョ繧ケ繝医Ξ繝繝√ッ蜀閾楢р閧ェ縺ョ關ス縺ィ縺玲婿縺ョ荳縺、縺ァ縺吶

辟。逅縺ェ縺城°蜍輔r邯壹¢縺ヲ縺縺上◆繧√ョ繧ウ繝縺ォ縺ッ繧ケ繝医Ξ繝繝√′縺ゅj縺セ縺吶ゅせ繝医Ξ繝繝√ッ驕句虚縺ョ繧ヲ繧ゥ繝シ繝溘Φ繧ー繧「繝繝励→繧ッ繝シ繝ォ繝繧ヲ繝ウ繧偵☆繧九◆繧√↓陦後≧繧ゅョ縺ァ縺吶る°蜍輔ョ蠕後√@縺」縺九j繧ケ繝医Ξ繝繝√r縺吶k縺薙→縺ァ逍イ繧後r谿九&縺ェ縺縺薙→縺ァ縺吶

繧ケ繝医Ξ繝繝√ョ繧ウ繝縺ッ縲√ッ縺壹∩繧偵▽縺代★縺ォ繧縺」縺上j縺ィ莨ク縺ー縺吶%縺ィ縲ゅ◎縺励※莨ク縺ー縺励◆驛ィ蛻縺ォ諢剰ュ倥r髮荳ュ縺輔○縺ヲ縲10遘抵ス20遘剃ソ昴▽縺薙→縺ァ縺吶よッ繧呈ュ「繧√★縺ォ螟ァ縺阪¥蜻シ蜷ク縺励↑縺後i縲∵ー玲戟縺。縺後>縺縺ィ諤昴≧縺ィ縺薙m縺セ縺ァ莨ク縺ー縺吶%縺ィ繧ゅさ繝縺ァ縺吶 繧ケ繝医Ξ繝繝√ッ陦陦後′繧医¥縺ェ繧翫√ッ繧翫d繧ウ繝ェ縺後⊇縺舌l繧九→縺縺蛻ゥ轤ケ繧ゅ≠繧翫∪縺吶

CONTENTS

PR繧オ繧、繝


繝壹シ繧ク縺ョTOP
蛻・繧後◆縺縲∝閾楢р閧ェ縺ョTOP
Copyright 2010 蛻・繧後◆縺縲∝閾楢р閧ェ All rights reserved