内臓脂肪について様々なことを詳しく紹介しています。ブログもあり、内臓脂肪の落とし方について掲載しているので興味がある人は是非、見てください。
HOME > 内臓脂肪の落し方

内臓脂肪の落し方

内臓脂肪の落とすには食事療法と運動療法を合わせてやるのが基本です。ここではそのやり方を紹介します。

食事療法

■早食いを抑え、ゆっくり食べる
人食べ始めてから脳が満腹感を感じるまでには20~30分という時間が必要です。ゆっくり食べることで、食事の量を減らすことができるのです。

ゆっくり食べるコツとしては、魚は切り身ではなく、1尾魚で食べるとすると骨を取り除く時間を要します。えびは殻つきで、肉は骨付きなどを選べば食べるのに時間がかかり、ゆっくり食べることになり、結果、食事の量を減らすことができます。

また、ごぼうやたこ、いかなど、歯ごたえのある食品を選ぶこともゆっくり食べるコツです。よく噛むことも、神経を通して満腹中枢を刺激するので、満腹感を促進します。


■和食を中心にしっかり3食摂る
欧米化した食事も脂肪分が多い為に脂肪が蓄積しやすくなります。
栄養バランスを考えて脂肪を貯めない一番ベストな食事は、伝統的な和食です。お米や豆、穀物や豆の組み合わせをとることで、栄養バランス満点の食事がとれます。

どうしても足りないのがビタミンやミネラルなどの微量栄養素です。こうしたものは良質のサプリメントで補うことで内臓脂肪対策になります。

早寝早起きを心がけ、朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんを規則正しく摂ること。寝る前に食べ物を摂ることは代謝がうまくいかず、脂肪を貯める要因になるので、寝る前の5時間ほどは食べ物を控えるようすることが必要です。

運動療法

■有酸素運動
有酸素運動とはウォーキングや軽いジョギング、サイクリング、水中での運動などの手軽にできる運動のことです。

有酸素運動は、時々やる程度ではあまり効果は期待できません。できれば習慣にして日々の生活の中に取り入れることでその効果に期待が持てます。一日やって暫く行わないと内臓脂肪を減らす効果は半減してしまいます。

内臓脂肪を落とすには、一日20分以上の時間を目安にして有酸素運動を行いましょう。運動には有酸素運動ともう一つ無酸素運動がありますが、無酸素運動の場合は、酸素効率が悪く、脂肪をうまく燃焼できないために適しません。

普段あまり運動をする習慣のない人は、20分も連続して運動することは初めの頃は抵抗があります。そういった場合は時間を分けて行うようにしましょう。一ヶ月ほど継続して行っていくことで効果を実感できるようになります。

■ストレッチ
普段、体を動かさない人が運動をすると、筋肉痛になったり、膝を痛めたり、疲れが残ることがあります。

内臓脂肪の落とし方として運動療法は必要ですが、無理な運動は体に負担がかかり、長く続けていくことができません。
体に少しでも負担をかけず、気持ちよく運動するためのストレッチは内臓脂肪の落とし方の一つです。

無理なく運動を続けていくためのコツにはストレッチがあります。ストレッチは運動のウォーミングアップとクールダウンをするために行うものです。運動の後、しっかりストレッチをすることで疲れを残さないことです。

ストレッチのコツは、はずみをつけずにゆっくりと伸ばすこと。そして伸ばした部分に意識を集中させて、10秒~20秒保つことです。息を止めずに大きく呼吸しながら、気持ちがいいと思うところまで伸ばすこともコツです。 ストレッチは血行がよくなり、はりやコリがほぐれるという利点もあります。

CONTENTS

PRサイト

FX取引ならみんなのFX
FXならスプレッド原則固定の「みんなのFX」で口座開設受付中
min-fx.jp/
ダイビングショップを見つけよう
自分にあった器材が見つかるダイビングショップ
http://www.aqros.co.jp/

ページのTOP
別れたい、内臓脂肪のTOP
Copyright 2010 別れたい、内臓脂肪 All rights reserved