内臓脂肪について様々なことを詳しく紹介しています。ブログもあり、内臓脂肪の落とし方について掲載しているので興味がある人は是非、見てください。
HOME > 内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

内臓脂肪と皮下脂肪、どちらも体にとっては必要な脂肪ではあり、同じ脂肪です。でも、
それぞれに違いがあります。その違いについて説明します。

「皮下脂肪」は、落ちにくい体脂肪で、皮膚の下にたまり、女性がたまりやすい傾向があります。腰まわりやお尻、太ももなどの下半身に体脂肪が過剰にたまった状態のことを「皮下脂肪型肥満(洋ナシ型)」といいます。
「内臓脂肪」は、たまりやすく、落ちやすい体脂肪で、内臓の周りにたまり、男性や閉経後の女性がたまりやすい傾向があります。お腹がぽっこり出て、内臓の周りに体脂肪が過剰にたまった状態のことを「内臓脂肪型肥満(りんご型)」といいます。
そして、生活習慣病になりやすい危険な肥満で、増えてしまうとメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になりやすいです。

◎内臓脂肪と皮下脂肪を減らすには
内臓脂肪も皮下脂肪も、基本的には日常の食事や運動などの生活習慣が大きく影響しているといえます。そして、比較的すぐに影響を受けやすいのは内臓脂肪です。
内臓脂肪は「普通預金」みたいなもので、すぐに溜まりますが、生活習慣を少し改善することによって、簡単に落とすことができるといわれています。
それに対して皮下脂肪は「定期預金」みたいなものなので、いざという時のために取ってあるけど、なかなか使う機会もなく、減らすのに苦労をするといったことをいわれています。
どちらも日々の生活習慣を改善することによって、脂肪の過剰な蓄積を防ぐことが可能です。食生活と日ごろの運動量を見直し、健康な身体を手に入れましょう。


内蔵脂肪と皮下脂肪にはこのような違いがあるので、どちらも気をつけていきましょう。

CONTENTS

PRサイト

ダイビングのことならAQROS
人気のダイビング器材がたくさん揃ってるショップ!
http://www.aqros.co.jp/

ページのTOP
別れたい、内臓脂肪のTOP
Copyright 2010 別れたい、内臓脂肪 All rights reserved